俺だけが起きてる。

天ぷら銀河の役者の一人のブログ。

カワバンガ

恥ずかしい話だけど少し前にSNSで荒れ散らかしてたらここのアクセス数がふわっと伸びていた。素晴らしい。野次馬精神は我々のように人生の空虚な部分をSNSで埋める弱者よりの人類に満ち満ちているので絶対的に正しいしおれもそうするダルシムダルシム。消防車が止まっていれば滅多に見上げない空などを見て煙を探すし終電で吐く者あれば行ってそのゲボからなにをどれくらい呑んで主にどんな料理を提供する店にいたのか邪推もします。ジャスコ。オーガズムで埋める側の連中はインターネットのケーブル引きちぎってテニスやって漫談やって第四の壁破壊する。消防車にも赤い以外の感想は抱かないし他人のゲボは汚いしインスタのストーリーはなんの照れもなくタップして見る。あれ見るのまだ躊躇する。

 

諸々のアレソレが杞憂ではないと言い切れるけど無かったことにしている。人間は無かったことにできる。ゾウは全部覚えてるのに。スカして無かったことにしているとか言ってるけど本音を言えば無かったことにしてやってるぐらい言いたいところだけどそれを言うとまたどれだけ小さい人間だおれはといった具合に夜がクソクソクソ長くなるのでやめたほうがいいということをぼくたちは知ってる(あの花)。

テャ

残業して休む間もなく今度出るVRコンテンツの稽古に合流して深夜に帰って出勤してまた残業してみたいなことやってたら明らかなステータス異常が現れ始めてて、おそらく一般的な同世代の人間よりもいい加減な生活に違いないのに、夢を追ってガツガツしてるやつらよりイカれたリズムを刻んでいるわけでもないのに、なんでこんなに元気がないのか、あいつらが元気すぎるのか、稽古場のエアコンにやられてるのか、今日も気圧は低いし肩も腰も頭も重い。

目眩がする、倒れそうと思ったら地震だった。

揺れたね久しぶりにね。

 

美味しい魚が食べたい。押上にあるの。美味しい魚が食える店。名前何回行っても覚えられない。地獄魚煮込みランドみたいな名前だった気がする。獄魚。

 

美味しいカレーも食べたい。砂の岬。店主がネパールとかに修行に行っちゃうからめったに開いてない砂の岬。あと三茶のZAZAと西荻のトポス。

セミー

死にたくない。絶対死にたくない。病気をするたびに、テレビで訃報が流れるたびに、踏んだ踏まないで胸ぐら掴みあうサラリーマンを見るたびに強く思う。絶対死んでやるものか。老いの先に行きたい。

曲がった腰の骨は皮膚を突き破って新たな機能を持ち、そこを起点にシワだらけの皮は再び張りを取り戻し、しゃがれた喉は新たな周波数の音を操るようになる。絶対になる。

イメージはあのフルーツバスケットの、草摩夾くんが化けた時の姿。老いの先に絶対あいつがいる。知ってますかフルーツバスケット。少女漫画界のセーム・シュルトセーム・シュルトはいつからセミー・シュルトになったの。弱そう。一週間で死にそう。

 

後輩から送られてきたロバート秋山の声が出るスタンプを再生したくて押しまくるんだけど、何度押したってショップのページに飛ばされまくって涙が出るそんな夜。仕方ないからショップのページで押してようやく聞けた。サンキューねって言ってた秋山。しょうもねえ。

誰もが忘れても僕は忘れたりしないぜ

風邪をこじらせた。咳やらくしゃみだけの風邪もどきはしょっちゅうだけれど久々に発熱を伴う風邪が昨夜いつのまにか枕元に立っていた。

今日乗り切ればまたゴールデンウィークが始まるんだけど。一時停止してたんだけどわざわざ。大丈夫だけど。

 

なので世界一非生産的な話のジャンルと言われている「夢の話」をします。

 

 

熱のある状態で寝ると結構な確率で見る夢がある。「めちゃくちゃ小さいけどめちゃくちゃ美味しいパンが焼ける窯」の夢。

パンがめちゃくちゃ小さいんじゃないよ。パンはめちゃくちゃ美味しいの。それを焼くことができる窯がめちゃくちゃ小さい。

同世代の人はゲームボーイアドバンスSPを想像していただきたい。ほぼあのサイズ。アドバンスSPサイズの窯。

 

すごくないですか。アドバンスSPとほぼ同じサイズなのにめちゃくちゃ美味しいパンが焼ける。パンを焼く僕のかたわらにはしばしばジャムおじさんが立っていて僕とパンを交互に見てニコニコ笑っている。

夢の中でパンを食べた覚えはないけどめちゃくちゃ美味しいに決まってるでしょ、ジャムの叔父貴がわろてはるんやから。

 

 

焼きあがったパンを僕は手のひらに乗せるけども熱いので落としてしまいますね。地面に落ちたパンは地面に落ちてなおバッチバチに熱いのでもうもうと湯気を上げている。けどももう片方の手の中にあるアドバンスSPは全く熱くないので不思議に思って覗き込むとその暗闇にすごい速さで飲み込まれて目がさめる。

ここからは割と分岐があって人間で言えば小2くらいのサイズのシロクマにボコボコにされるパターンとかがあります。

 

 

せっかくなので、美味しいパンを焼く夢とシロクマにバチボコにされる夢をそれぞれ夢占いにかけた後に合わせてみました。

恋愛や家庭がめちゃくちゃ充実しているもののすぐ近くに僕を力でねじ伏せようとしている人間がいる状態の暗示とのことです。

クソの役にも立たない研究会

中村主催のクソの役にも立たない研究会、初回が日付変わって昨日無事に行われました。なんだそれという感じだけどもエチュード系のものを中心に役者を目指す素人という立場の人間が集まってワークショップをやってどうにかなるんかい、どうにかなるんやったら続けるしならんやったらやめようやないかい(兼中村のリハビリ)という会です。

クソの役にも立たないなと笑っていられるうちは続けますがこれ本当に意味ないなと思った瞬間やめて釣りに飛び出します。

年間の休日が限られている恐怖。

 

 

稽古場取れないハプニングも関係者各位の尽力により無事乗り越え、初回は身内ばかりの五人でしたがわざわざやって来てくれました。お試しの回だしちょうどいい。

なんども共演してたり悪ふざけしてたりの連中だけどお互いこんなに真剣にやったのは初めてじゃないかというような瞬間が多かれ少なかれあって、それはそれで問題だけれど、まあまあ続けてもいいんじゃないかという感じはあったかと思います。

 

なんせあの「フィードバック」なる時間。いくらライトにやってもこれまで大事に握りしめた照れの気持ちを時にチラチラ見せびらかしながらだらだら歩いて来た我々にはある種地獄のような時間ではあるのですが、今日はみんなパンツの中に隠して頑張った。

帰って陰毛にまみれたそれを見ながらひとしきり照れればいい、僕はそうします。

 

 

徐々に人増やしても大丈夫かなあという空気がある。身内からやや身内に広げ、友達の友達〜くらいまでのところまで広がればそんなもんでいいかなあと思います。

最終的にはうちのとこの劇団に成果の少しでも渡せればベストだけど、月一くらいで焦らずやります。焦っても何もいいことない。先週は灰皿ひっくり返して危うく遅刻するとこだった。

 

 

次回は来月、5月12日です。さっき勝手に決めた。

気になってくれたら軽く連絡してください。マジで意味ないなと思ったら全然途中で帰れる福利厚生完備。よろしくどうぞ。

AKIRA

AKIRA』めちゃくちゃ面白かった。

知ってますか『AKIRA』。おれは今日初めて観た。スマホの画面で。ごめんなさい。

スマホの画面で観てもめちゃくちゃ面白かった。

 

 

知らない人のために簡単に説明するとヤンキーがすごい力を手に入れるんだけど根がヤンキーなので頭の中からこっちをちらちら見てるやつのことをシメに行くみたいな話です。

 

 

まず開始5分くらいで2回ほど「お前アキラじゃないんかい」と思う。中途半端に知ってるやつほど思う。絶対思う。

そして終盤「これがアキラかい」って思ったすぐ後に「お前誰だよ」って思う。絶対思う。

 

 

オススメのキャラはふざけた髪型してる大佐です。ふざけた髪型してるのに、してるが故にかっこいい。強い父性を感じる。

 

 

人がぽこぽこしぬので苦手な人は気をつけて、でもなんかそんなグロい感じでもなく皆平等にしぬ。なにもなしえることなく。最高。

見てくれ。

 

 

おれは今から水曜どうでしょうの激闘西表島をもう一度見ます。

リハ

フィクションならいくらでもあつくなれるのに、なれるのにっていうかなれるから、現在現時点の自分がなにもなしえない人生を、人生の選択肢を歩んでいる気がするその度に、慌てて現実的じゃない、なくても困らないもので身動き取れないくらい自分の周りを埋めてしまう。

なので部屋がガラクタと着もしないTシャツと弁当のゴミで溢れている。

部屋が本当に汚い。ギリ人が住める廃墟。トカゲつき。

f:id:rntenpura:20180418225804j:image

かわいいでしょ。ニコラシカです。非常に非日常的でいいなお前は。

 

 

まだ全然リハーサルな気がする瞬間ないですか。ある日会社に向かう途中、駅のホームの少し薄暗いところから見るからに金のなさそうな痩せていて小柄でメガネをかけた青年というには少し無理があるかなあくらいの男が出てきて「稽古はそのへんにしてそろそろ本番だ」と言っておれの手を引きながら一緒に電車に跳ねられて、気がついたら小学生になっててサッカーが上手くて中学生で羽生善治に勝って高校では普通にモテて大学遊んで恐竜の博士になるみたいな人生を歩んで拍手を浴びながら死ぬ。

新しい恐竜見つけて死ぬ。

熊本のミフネで。

ナカムラトプス。

 

リハはリハでいい。好き勝手できるから。

終わったらいやあやってしまいましたなみたいな顔でへらへら笑うくらいの気持ちでいきたいですね。

本番が控えてるから。